木梨憲武の個展(福岡)に行ってきました!感想と評判まとめ!

今晩は〜   この前、福岡で木梨憲武さんの個展をやっていたので遊びにいってきました〜♪ お笑い芸人のイメージで芸術家の一面があるってきいてびっくり...

今晩は〜

 

この前、福岡で木梨憲武さんの個展をやっていたので遊びにいってきました〜♪

お笑い芸人のイメージで芸術家の一面があるってきいてびっくりしましたね。最近は、あんまりテレビにも出てないので意外な一面です。

普通の個展と違って、お笑い要素もあり面白かったので、まとめていこうかと思います♪( ´▽`)

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

 

 

3792daa4

 

 

木梨 憲武 (きなし のりたけ)
本名:同じ
愛称:ノリさん、ノリちゃん
生年月日:1962年3月9日
出身地:東京都世田谷区千歳台
血液型:O型
身長:177cm
職業:お笑い芸人
事務所:アライバル

 

2013年までに7回の個展を開いており、画風は赤を基調とした抽象画・スケッチに文字を書き加えた風景画・シンプルな色表現の静物画がある。インターネット上でインタラクティブな手法を用いた前記の作品展示を行なう一方で、ゲームのキャラクターデザインも手掛ける。

  • 1994年: 初めての個展『太陽ニコニカ展』を名古屋 PARCO で開く(「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」の企画も兼ねていたため、2000年開催の個展まで、アーティスト名は同番組内でのキャラクター「木梨憲太郎」としている)
  • 1996年: 仙台七十七銀行の貯蓄預金通帳の表紙デザイン
  • 1996年: アーケードゲームマーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター』の「憲磨呂」キャラクターデザイン、および声の出演
  • 1997年: 絵本『のりたろうのー、えほんのー、はがきのー』『のりたろうのー、ぬりえのー、はがきのー』をミキハウスより出版
  • 1997年: 大相撲土佐ノ海の化粧回しをデザイン
  • 1998年: 営団地下鉄(現:東京メトロ)のポスターをデザイン
  • 2000年: 第2回の個展『きなしのりたけのてんらんかい』をフジテレビで開く(以降、アーティスト名は「木梨憲武」としている)
  • 2002年: 第3回の個展『SCORE展』を東京都渋谷区の代官山ヒルサイドフォーラムで開く
  • 2003年: 第4回の個展『GO WITH THE FLOW展』を東京都渋谷区の代官山ヒルサイドフォーラムで開く
  • 2003年: 『第114回アンダパンダン展』(フランス)に作品を出展。図録の巻頭に作品が掲載される
  • オムニバスCD『AdagioLounge classics〜』のジャケット
  • 後藤次利のアルバム『do not disturb』のカバーデザイン
  • 俳優・中井貴一の著書『日記』の表紙デザイン
  • 2006年: ミズノから長嶋茂雄直筆メッセージをプリントした「3番Tシャツ」をデザイン
  • 2008年: 第5回の個展『木梨憲武 色の世界展 in KYOTO』をJR京都駅内美術館「えき」で開く(6万人を動員)
  • 2008年: 上記の個展のエキシビジョン『NORITAKE KINASHI EXHIBITION』を3116 GALLARYで開く
  • 2008年: 8月27日~8月31日開催の『AFWP2008JAPAN 第三回世界平和美術祭典』に作品出展
  • 2009年: 9月27日開催の『TOKYO!TOKYO!!TOKYO!!!展』に作品出展
  • 2010年: 第6回の個展『NORITAKE KINASHI SPOT AOYAMA TOKYO 2010』を東京都港区南青山のフォーラムギャラリーで開く
  • 2013年: 第7回の個展『木梨憲武美術館2・愛と希望と光とカピオラニ公園と私と京都』をJR京都駅内美術館「えき」で開く
  • 2014年: 第8回の個展『木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心』を東京都上野の上野の森美術館で開く。その後、石川県の金沢21世紀美術館、岩手県の盛岡市民文化ホール、兵庫県の兵庫県立美術館で開かれる。2015年にも長崎県の長崎県美術館、福岡県の福岡アジア美術館で巡回予定。

 

Wikipediaで見てみたら、94年から創作活動を行っていた模様・・・知らなかったー!!!

お笑いの部分しか知らないので、知ってるのは仮面ノリダーくらいです。笑

多彩な才能を発揮されているようですね。

 

 

 

どんな個展??

 

 

 

今回私が見に行った個展は

『木梨憲武展×20years』〜inspiraition 瞬間の好奇心〜

 

調べてみたら、去年から大盛況らしく、入場制限がかかるほどに!!!

確かに福岡の個展も行ってみたらお客さんが多くてびっっくりしました。有名だったんだ・・・・

 

 

 

 

 

 

21世紀美術館。めちゃくちゃ並んでる!とビビっていたら、木梨憲武展でした…。 Yoshino Gotoさん(@yuuno)が投稿した写真 -

 

 

 

 

おお!凄い!大盛況ですね!!

去年は来場者数が一つの場所で4万人が来場された模様。大人気!!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

創作活動を始めたのは20年前。バラエティー番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日本テレビ系)の企画で、画家・木梨憲太郎に扮して、セーヌ河岸から望むパリの風景画を描いたのが始まりのようです。

このセーヌ河岸の絵も今回展示されていました。なんというか、木梨さんの絵は独特ですね。まぁ私はそんなに絵に関して全く詳しくないので色々言えませんが・・笑。でも初心者でも楽しめる絵が多かったですね。イメージはピカソみたいな。

 

 

 

m_20140226-kinashinoritake8_v

 

こちらのデッサンは下書きなしの一発で書いた模様。下書きなしで描くのは凄い才能です〜昔から絵は得意だったのかな?

 

作品を色々見ていたら、日々のささいな日常を絵にしている事が多く、なんだか絵日記みたいでした。

朝、庭先にいてモンシロチョウを見た事を絵にしたり、朝奥さんとお茶を飲みながら・・というそんな様子を描いたりと生活も垣間見れたような気がしました^ ^

 

 

 

 

20140226-kinashinoritake2_v

 

 

news_large_07_kinashiten

 

 

images

 

 

 

 

 

 

一番、笑えたのがこれ。

 

 

 

 

 

view0017203730

 

 

個展の人かと思ったら、まさかの人形。というか作品。笑

最初本当の人間かと思いました。近づいてみたらまつげとかも精巧に作らていたので若干怖かったですけどね。

こんなところにお笑い要素もあっておもしいですね。

PREV:ツモリチサトの浴衣が可愛い!人気ランキングから激安商品まで!
NEXT:中2で漢検1級合格!話題のガングロギャル あゆたまとは!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です